気分上々

乳がん手術後の二人の患者さんとの本日のやりとりから〜


投稿日:2011年4月21日


昨日手術を受けたHさん(63歳)

今朝8:30。病室を訪問するや否や「先生、ありがとう!」とベッドから笑顔で握手を求められました。乳房温存術+センチネルリンパ節生検という縮小手術ながら、あまりにお元気だったので驚きました。もちろん、喜んでしっかりと握手をさせていただきました。日常診療の些細な出来事ですが、外科医をやっていて良かったと思える瞬間です。日々の診療は雑務が多くて正直疲弊することも多いのですが、あらためて乳腺外科医を続ける決意が湧きました。1ヶ月後にはギターの演奏会を控えているHさん。きっといい演奏ができると思います。


本日退院となったTさん(50歳)

退院前のあいさつで病室を訪問したときのTさんの一言。「手術後に自分のおっぱいが残っているのを見たら、涙がでたよ。先生、おっぱいを残してくれてありがとう!」手術前の最初の説明では、乳房は残さず全摘して欲しいと言われていました。早期がんであること、乳房温存術と乳房切除術で成績は変わらないこと、乳房温存療法の長所と欠点など数回にわたり説明すると、手術直前に「やっぱり乳房を残したい」と。乳房温存術後の経過も順調で本日めでたく退院となりました。もうすぐ判明する最終病理検査次第ですが(おそらく大丈夫と思います)、結果が良ければ選択は大正解だったことになります。まずは久しぶりのわが家へ帰って、ご家族と一緒にゆっくりしてくださいね。


どちらも短いやりとりでしたが、僕にとってはたいへん嬉しい出来事でした。おかげでいつにも増して気分よく仕事ができました。加えて、クリニック内装工事のB工事・C工事の最終見積額の連絡があり、想定内の金額におさまったことで、本日は気分上々でした。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

いつか晴れた日に

投稿日:2011年4月29日 今日はGW初日。好天に恵まれました。こんな心地良い晴れた日には、何故か時々思い出す光景があります。2年前に訪れた唐津でのある光景です。 昨日、ある父娘が面会にいらっしゃいました。2月に亡くなったSさん(享年75歳)のご主人と娘さんです。通夜には参列していたのですが、ありがたいことに忌明けのご挨拶に唐津からおみえになりました。 Sさんとの出会いはちょうど4年前。他院での

恋せよ乙女

投稿日:2011年5月22日 いのち短し 恋せよ乙女 大正初期に作られた吉井勇作詞『ゴンドラの唄』の最初のフレーズ。 この唄はその後こう続きます。 朱き唇 褪せぬ間に 熱き血潮の 冷えぬ間に 「いのち短し」とは寿命が短いのではなく、若くて奇麗な少女時代はあっという間に過ぎますよ、という意味ですね。 黒沢明監督の映画『生きる』で、志村喬演じる主人公が雪の降る夜、公園のブランコに揺られながらこの唄を口

ことだまの元

投稿日:2011年8月8日 クリニックの検査スペースに掛けられている一枚の絵。画家白木ゆりさんの銅版画です。 開業のお祝いにと、お世話になっているYさんご夫婦からいただきました。気に入っている作品だったので、すごく感激しました。 この作品を初めて観たとき、何か黄色い物体が産まれ出てきているみたいだと感じました。 気になりタイトルを見ると「ことだまの元」 そこでまた、ホォっと得心した気分になりました

受付時間
午前   8:45〜12:00
午後 13:45〜17:00
月  火  水  木  金  土  日
●  ●  ●  ●  ●  ●  ×
●  △  ●  △  ●  ×  ×
ご予約・お問合せ
MAP 2.png
  • Facebook
  • Instagram

〒840-0801 佐賀市駅前中央1-4-17

コムボックス佐賀駅前2F

2020 © Ajisai Clinic